髪を傷めないように乾かすドライヤーテクニック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

髪が最も傷みやすいとき、それは濡れている状態の時です。

洗ったりして髪を濡らした後は、もちろん乾かしますよね?ドライヤーを使う人も多いと思います。

このドライヤーも、かけ方によっては髪を傷めてしまう原因になります。

髪を傷めないように乾かすにはどうすればよいのでしょう。
まずはしっかりとタオルドライです。

しっかりと水気を絞った髪をタオルで挟み、両手で挟みながらタオルドライしてきます。
この時タオルでこすったり、力を入れすぎてはいけません。
タオルに髪の水分を吸収させるようなイメージで優しく、です。

髪の長さによってタオルは複数枚使いましょう。

タオルドライした後はドライヤーをかける前のケアです。
ドライヤーの熱によって髪が傷むのを防ぐために、オイルやクリームなどは必ず使いましょう。
まんべんなく髪全体に広げたらドライヤーを当てていきます。

まずは頭皮から。頭皮をしっかりと乾かしてから、徐々に毛先に移動していくのです。

毛先は乾きやすいので、初めからドライヤーを当ててしまうと頭皮が乾く前に毛先がぱさぱさに乾燥してしまいます。

全体的に乾いてきたら、次はクールダウンです。
ドライヤーの設定を「HOt」から「COOL」にチェンジします。

ドライヤーで火照った頭皮に冷たい風を当てると、制汗効果が得られます。

また髪の流れを整えながら冷風でキューティクルを閉じていくと、髪にツヤが出ます。

タオルドライ→頭皮からドライヤー→クールダウン、が髪を傷めなように乾かす方法です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。