ロングでも傷みにくい毛先にするにはドライヤーを頭皮のみに使う

まずシャンプーをする前に必ず髪の毛をとかします。
髪の毛には埃汚れなども付着しているのでシャンプー前にブロウすると髪の毛が絡まりにくくなります。

次に髪の毛を濡らしますがここが一番大切な行程です。

全体をしっかり濡らした状態にすることと濡らしている際に頭皮全体を皮脂汚れを落とすイメージで指の腹を使ってマッサージします。

お湯のみでも髪の毛の汚れの8割は落とすことができるのでここに一番時間をかけてください。

次にシャンプーに入りますが、シャンプー液を髪の毛につける前に手のひらでよく泡立てます。
泡立ててから使うことによって髪の毛への負担が減ります。

シャンプー液で洗うのは頭皮。髪の毛には泡立てたシャンプー液を軽くポンポン叩き込むように付けるのみでゴシゴシ洗いはしません。

頭皮はやさしくマッサージしながら洗います。

次にシャンプー液を洗い流しますがこの際もゴシゴシ洗いはせずにやさしく時間をかけてシャンプー液を落としていきます。

洗い残しは頭皮の臭いに繋がるのでしっかり洗い流します。

次にトリートメントですが、トリートメントは毛先を中心に根元に向けて馴染ませていきます。
髪の毛全体に馴染んだら10分程置き、トリートメント成分を髪の毛に浸透させます。

洗い流しはやり過ぎず表面の余ったトリートメントを落とすだけのイメージで行います。

タオルドライはポンポン叩き込むように、決して髪の毛を摩擦しないこと。

ドライヤー乾燥は頭皮のみを乾かします。毛先は傷みやすいのでドライヤーはなるべく当てずに自然乾燥を行います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

髪を傷めないように乾かすドライヤーテクニック

髪が最も傷みやすいとき、それは濡れている状態の時です。

洗ったりして髪を濡らした後は、もちろん乾かしますよね?ドライヤーを使う人も多いと思います。

このドライヤーも、かけ方によっては髪を傷めてしまう原因になります。

髪を傷めないように乾かすにはどうすればよいのでしょう。
まずはしっかりとタオルドライです。

しっかりと水気を絞った髪をタオルで挟み、両手で挟みながらタオルドライしてきます。
この時タオルでこすったり、力を入れすぎてはいけません。
タオルに髪の水分を吸収させるようなイメージで優しく、です。

髪の長さによってタオルは複数枚使いましょう。

タオルドライした後はドライヤーをかける前のケアです。
ドライヤーの熱によって髪が傷むのを防ぐために、オイルやクリームなどは必ず使いましょう。
まんべんなく髪全体に広げたらドライヤーを当てていきます。

まずは頭皮から。頭皮をしっかりと乾かしてから、徐々に毛先に移動していくのです。

毛先は乾きやすいので、初めからドライヤーを当ててしまうと頭皮が乾く前に毛先がぱさぱさに乾燥してしまいます。

全体的に乾いてきたら、次はクールダウンです。
ドライヤーの設定を「HOt」から「COOL」にチェンジします。

ドライヤーで火照った頭皮に冷たい風を当てると、制汗効果が得られます。

また髪の流れを整えながら冷風でキューティクルを閉じていくと、髪にツヤが出ます。

タオルドライ→頭皮からドライヤー→クールダウン、が髪を傷めなように乾かす方法です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

タオルとオイルを選ぶ!ココナッツオイルがオススメ☆

シャンプー、トリートメントなど自分に合った物を使うのは当然ですが、タオルドライのタオルと、後のオイル選びも大事だと思います。

私はまず、タオルを探しました。今流行りの水をよく吸い、速乾性がある物です。

同じうたい文句でも違いがあります。

使ってみないと分からない物ですが、意外にも手触りのいいドラックストアに売ってあるのが良かったです。

それで拭いた後、乾かすまで頭に巻いておきます。

そうするとドライヤーの時間も短くなり、髪にも優しいです。
夏場はなるべく当てる時間を減らしたいですからね。

次にオイルですが、シャンプー等と同じメーカーの物を使うのが一般的かもしれません。

匂いもいいですし、しっかり使えば効果もあると思います。
が、値段も結構します。私はあえてメーカーのオイルは使ってません

。主に、全身にも使える馬油とココナッツオイルを使用しています。

どちらも肌に塗ってもよく、ココナッツオイルは食べる事もでき、色んな要素に使えて便利でお得です。

ビタミンEが多く含まれているので髪に潤いを与えてくれます。

つけすぎると重く、ベッタリになってしましますので、髪を乾かした後手のひらでよく伸ばしてから少しづつつけるのをオススメします。

髪の傷みにもよく効き、ほんのりとココナッツの甘い香りがします。

よかったらお試し下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

逆にドライヤーを使わないで髪を傷めない

私が日頃から行っているヘアケアの方法は、ドライヤーをなるべく使用しないということです。

ドライヤーをすることによって、使用しなかったときより、髪の毛が痛んでしまっていたので、ドライヤーを使用することは剰りよくないんだなと思い、なるべくドライヤーを使用することはやめて、冬などの寒い時期やすぐに髪の毛を乾かしたいときなどには、髪の毛に洗い流さないトリートメントをつけてから軽くドライヤーをしたり、すこしだけドライヤーをしてあとは、タオルドライをするなどという方法を行っています。

また、タオルドライをするときも、タオルドライは、頭をごしごしするような方法で髪の毛の水滴をとることは髪の毛が痛んでしまうということをきいたので、タオルドライをするときは、優しく水滴をとってあげるような感じでタオルドライをしています。

最近でははまっているヘアケアの方法があり、それはダイソーで販売している、顔用のローヤルゼリーが含まれている美容液を使用するという方法です。

お湯をいれた洗面器に美容液をいれて、それを髪の毛にかけてあげるだけで、髪の毛がさらさらになるので、最近ではヘアケアとして行っていて、安く購入できるので、はまっています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0